飯豊連峰 地神北峰へ日帰り

前回のブログをアップしてから一か月も過ぎ、お手入れのことをアップしたいと考えていましたが少しお待ち下さい。

6月、7月は衣替えの季節。着物や法衣などのお手入れのご依頼品、加工途中の品、納品待ちの品で店の中は例年以上に依頼品で溢れかえりました。お引き立てに感謝申し上げます。お盆までに出来上がった品々の一部を納品させていただき、少し店の中はすっきりしてきました。

 

6月、7月は以前より計画していた村山葉山と飯豊連峰に登ることができました。妻と一緒に登った葉山は山頂までもう少しというところで暑さでバテ気味のため途中で引き返しました。状況によっては引き返すことが大事、無理は禁物です。7月は飯豊連峰へ山友と小玉川の天狗平を起点に朝5時から丸森尾根を登り始めました。登り始めから岩の細い急登、木々のトンネル、ガレ場と、気の抜けない尾根道の連続でした。途中の夫婦清水の冷たい湧き水で水分補給。この水がなかったら体がもたなかったかも、それだけ丸森尾根はアルプス以上の特Aと言われるルートでした。飯豊連峰の峰では日本海からの涼しい風で気持ちよかった~。連峰のえぶり差岳、頼母木山、地神山、北股岳、本山といつか歩きたい山々。固有種のイイデリンドウも見れたし、様々な高山植物も咲いてたし、日帰りピストン9時間の充実した山歩きでした。

 

働き方改革で休むことも大切な時代になってきています。どうも自営業は休むことに慣れていません。休みに家の中にいると常にできない仕事のことを考えてしまい、結局何時間は仕事をする性格です。だから休日は家から離れたほうが良いと思い、朝早くに山に向かいます。山に行っても店にかかってきた電話が転送されるので、山の上でお客さまと話すこともたまにありますが。結局は山でもお客さまとつながっています。

 

13日は暑くなる前に9時にお墓参りに行ってきました。今の鈴木京染店の基を築いた初代。何もないところからのスタートは口にはできない大変さがあっただろうと思います。紆余曲折がありましたが現在も穏やかに過ごせている、仕事も忙しく多くのお客さまとお付き合いをさせていただいている、様々なことを考えつつ、昨日から17日までお盆休みを予定しています。心も体もリフレッシュできるように。

鈴 木 京 染 店

 

郵便番号  999-2232 

住  所 山形県南陽市三間通170

電  話 ☎0238‐40‐2101

営業時間 9:00~18:00

駐車場  6台

定休日  不定休

近隣駅  JR赤湯駅から徒歩8分

バス停  桜木町バス停徒歩1分