背紋が不要になったらどうすればいいの?

万筋の江戸小紋の仕立て替えのご依頼。背中に刺しゅう紋が一つ入っています。

なかなか粋だな~と見ていたら、この紋を取ってほしいとのこと。

季節感のある桜の紋で、大きさも気になっているとのこと。

八掛も個性的だな~と見ていたら~、もう少しおとなしくなるようにしてもらいたいとのこと。黒の八掛も気になっている様子。表地と同系色の八掛を合わせることにしました。

解いてから洗い張り、刺しゅう紋は衿の下に隠れるように仕立て替えました。洋服と違いきものの場合、身頃の生地が前後左右対称になっているのでこういうことが可能なんです。

八掛も長い期間着られるように表地と同系色のボカシ八掛をつけました。

身丈も身長に対して長かったので、着やすい身丈にしました。

仕立て替えすることができる、きものの最大の良さです。

鈴 木 京 染 店

郵便番号  999-2232 

住  所  山形県南陽市三間通170

問い合わせ ☎0238(40)2101

営業時間  9:00~18:00

駐車場   6台

定休日   不定休

駅     JR赤湯駅から徒歩8分

バス停   桜木町バス停徒歩1分