リフォーム・再生 Q&A

Q.着物を解かずに染める「丸染め」ができると聞いたのですが、扱っていますか。

A.以前は丸染めを扱っていた時期もありました。ただ、染ムラ・生地のスレ・縮みの問題が出た場合、補正が難しいため現在は取り扱いを中止しています。仕上がりの良さを考えると、解いて染めることおすすめしています。

 

Q.派手になった訪問着を染め替えて小紋にできると聞いたのですが、そんなことは出来るのですか?染代はいくら位かかりますか。
A.染め替えできます。訪問着を解いてから色柄を脱色し、京都の染工房で小紋を染め上げます。小紋の柄見本には更紗小紋・飛び柄小紋・江戸小紋など100種類の色柄が揃い、好みの応じて選ぶことができます。小紋の染め代 38,000円より 
Q.柄が気に入っている小紋があるんですが派手になって着ていくのに抵抗があって…。でも着たいし…。
A.お気に入りの柄でしたら、地色と柄色が落ち着くように色掛けしたらいかがですか。地色と柄の彩色も地味になります。

Q.クリーム地の手織りの結城紬の着物は染め替えは出来ますか?

 A.糸を染めてから織り上げる結城紬の染め替えは出来ません。薄い地色の結城紬でしたら、地色を地味にする色掛けならできます。ほかの紬の場合も同様に染め替えは出来かねます。

 

Q.色無地のきもので、地色が派手なような気がするし、落ちないシミがあり着れません。お気に入りの生地なのでこれからも着たいと思っているのですが、どうしたらいいですか。
A.着物を解いて、色抜き・しみ抜きをしてからお好みの色に染めてみてはいかがでしょうか。色抜きすると薄い色にも染め替え可能です。
キレイに色抜き出来れば、小紋・付け下げも染めることができます。

Q.柄が気に入っている若草色の訪問着の地色を少し濃くしたいのですがしてもらえますか?料金はいくら位かかりますか。

A.承ります。全体を染める色掛け、柄を生かし染める色掛けの2種類のやり方があります。表地全体を染める場合、染代は24,000円です。柄の部分が染まらないように色掛けする場合は、柄部分に糊伏せをし引き染めしますので、現品を京都の染工房に送り、見積もりを出してもらってからのスタートになります。

 

Q.派手になった絞りの羽織を持っています。絞りが好きなので何かに利用することは出来ませんか?

 A.染めると絞りの立体感がなくなるので、絞りの柄や風合いを生かし、なごや帯にリメイクしてみてはいかがですか。なごや帯にするとすごく良く仕上がります。

Q.簡単に帯結びが出来るつくり帯に加工してもらえますか。

A.お持ちの帯をつくり帯「結楽々(ゆらら)」にお作りしています。帯結びがとても簡単にできるので若い方からご年配の方にも人気です。切らずに作るのでいつでも元にも戻せるので安心です。

Q.着物の柄を生かしてタペストリーにリメイクしたいのですが、簡単な作り方はありませんか。

 A.着物を解いて洗い張りでキレイにしてからタペストリーにふさわしい柄の部分(例えば袖とか上前とか)を使い、裏地を付け、縫い合わせ、上下に竹の棒などを通せるように縫い上げます。

タペストリーを何枚か作り、横棒に通せばのれんにもなります。


鈴 木 京 染 店

郵便番号  999-2232 

住  所  山形県南陽市三間通170

問い合わせ ☎0238(40)2101

営業時間  9:00~18:00

駐車場   6台

定休日   不定休

駅     JR赤湯駅から徒歩8分

バス停   桜木町バス停徒歩1分