お手入れ・お直し Q&A

Q.共衿と袖口だけをキレイにしてもらえますか?

A.承っております。新しい汚れは部分洗いでキレイに出来ます。

時間の経った汚れも時間はかかりますがキレイにいたします。

Q.着物を着たあとのお手入れはどうしたらいいですか?

A.着物と長襦袢をハンガーに掛けて一日くらい陰干しし湿気を取り除いてください。直射日光が当たらないように気を付けてください。汚れ・シミが付いてないときは、しわを伸ばすようたたんでたとう紙に入れ収納してください。

Q.着物についた新しい汚れは自分で落とせますか?

A.ご自身で落とそうとすると汚れを広めたり生地を痛めたりします。お近くの着物のお手入れのお店にお持ちください。

 

Q.タンスにしまう時、防虫剤は入れたほうがいいですか。

A.防虫剤はおすすめしていません。当店では、きもの専用の無臭保存剤「そうび」をおすすめしています。防カビ・調湿・防虫・防カビ臭の効果が優れています。

Q.着ようと思ってタンスから出してみたら、上前の一番目に付くところに黄色くシミがありました。しまうときは無かったのですが。

A.タンスの中で少しずつ黄変したのだと思います。キレイに出来ますが、生地に負担を掛けないように時間をかけて処置していきますので日数がかかります。他店で断られたシミ・黄変もご相談ください。

Q.丸洗いで汗も取れますか?着物と長襦袢両方です。

A.少量の汗は丸洗いで取れますが、大量の汗は丸洗いだけでは取りきれない場合があります。しばらく着る予定がない場合や、ひどく汗をかいた時は一言お申し付け下さい。最適な方法をご提案い足します。

汗で白くなった場合は汗抜きが必要になります。

Q.着物がカビ臭いのですが、どうしたらいいでしょうか。

 A.タンスの中が湿気っぽいとカビが発生しやすくなります。乾燥している日に、きもの用ハンガーに掛けて陰干ししてください。その時柔らかいブラシで表面をなでるようにブラシを掛けてください。それでもカビ臭がするときは丸洗いにお出しください。

 

Q.振袖の袖を詰めて訪問着として着たいと思っています。袖を短くすることは出来ますか。
A.出来ますよ。袖を詰めて着物が訪問着として違和感がないのでしたら是非着てください。袖の柄を生かす袖の詰め方も出来ます。

 下の写真は袖の柄を生かし、袖を短くしました。

Q.着た後着物をたためないんです。たたんでもらえませんか?
A.遠慮なくお持ちください。無料でたたんでお渡しいたします。
Q.大島紬の着物を頂いたのですが、袖丈と裄が短いので、袖丈と裄巾を長く直してもらいたいのですが…。
A.袖に縫い代があれば袖巾を長くすることができます。もっと長くしたい場合、着物の身ハツ口部分を解いて肩巾も出すこともできます。袖丈は縫い代があれば長くすることもできます。お直しも承ります。

 

Q.喪服が白っぽくなっていました。カビでしょうか。

A.実物を見てみないとはっきりとは言えませんが、多分カビか黒の変色かと思います。少しのカビの場合は丸洗いでキレイになります。きついカビの場合は、丸洗いにカビ取りでキレイに出来ます。変色した場合は直しが必要となります。

Q.洗い張りはどういうことをするのですか?

A.お手入れ方法の一つでです。着物を解いては縫い、反物に戻してから、水と洗剤でていねいに洗い、仕上げの糊を引き、乾燥後湯のしで巾と長さを仕上げることをいいます。

汚れ・くすみ・臭いがキレイになり、風合いが新品のように戻ります。

Q.紬の着物を出してみたら胴裏だけが黄ばんでいて、すごく気になっています。良い方法がありませんか。
A.胴裏の変色は取れないので、胴裏だけを新品に交換するか、解いて表地・八掛を洗い張りをし、新しい胴裏をつかい仕立て替えしたほうがいいと思います。
Q.留袖を出してみたら比翼だけが黄ばんでいました。何か良い方法はありませんか?
A.留袖と胴裏がなんともないときは、黄ばんだ比翼地を外し漂白加工で白くしてから付け替えることは出来ます。
Q.お譲りの大島紬の着物ですが、胴裏も黄ばんで、汚れもあり、身丈も短くサイズも合いません。残り布が1mくらいあります。着たいと思っていますが何かいい方法はありますか。

 A.着物を解いて、洗い張りでキレイにし、ご自分に合う寸法でお仕立て直しをするのが一番です。胴裏の変色は直らないので、新品の胴裏を使ってください。身丈の足りない分は内揚げをおろすか、それでも足りないときは、残り布をはぎ合わせ身丈を長くすることができます。

 

Q.仕立てあがっている着物に撥水加工は出来ますか?

A.承っています。

 

Q.雨の日に履いたぞうりの手入れはどうしたらいいですか。

A.表面についたホコリ・泥などは、硬く絞った柔らかい布でていねいに拭いてください。表面が吸湿性のある素材の場合には、柔らかいブラシで落とすようにしてください。その後、乾いた布で乾拭きし、日の当たらない風通しの良い場所に立てかけて底の湿気を飛ばして下さい。湿気っていると接着が弱くなりはがれやすくなります。鼻緒の型崩れ防止にぞうり枕(800円)をお使いになるのもいいです。

 

Q.帯揚をしまうときはどうしたらいいですか。

A.きもの等と同様陰干して湿気を取ります。乾いたら、四つ折りか巻いて保管。シワが目立ってイヤな時は、当て布をして低温でアイロンを当ててください。


鈴 木 京 染 店

郵便番号  999-2232 

住  所  山形県南陽市三間通170

問い合わせ ☎0238(40)2101

営業時間  9:00~18:00

駐車場   6台

定休日   不定休

駅     JR赤湯駅から徒歩8分

バス停   桜木町バス停徒歩1分