再生実例

きものを羽織に仕立て替え

お母さま愛用だったきものを、自分に合うように羽織にすることにしました。

解いてから、洗い張りをし、新しい羽織裏をつけることに。

希望の袖巾になりました

以前の反物の巾は今ほど広くなく、袖巾を希望の寸法にするため、同じ布を接ぎ合わせる方法で希望の巾に仕立てました。羽織の丈も今風に少し長めにしました。

 

洗い張り・解き・は縫い・羽織裏・仕立て代で 44,000円 税込

内揚げを取っていない小紋

味わいのある型染めの絵羽小紋です。用尺が足りなかったか、腰回りをすっきりするために内揚げを取らなかったのか、 内揚げがないと希望の身丈にできないんです。

 別布で身丈不足を補う

それじゃどうするか。おはしょりで見えなくなる部分に別生地を接ぎ合わせることにしました。なるべく表地と同じような色の生地を使い、着る人の腰ひもの位置を考え、確実におはしょりの裏、帯の下に隠れるようには縫います。

 

帯の下に隠れました

帯を結ぶと別生地は完ぺきに隠れます。お譲りの着物で身丈がどうしても足りない場合はご相談ください。 

工賃は通常の仕立て代の3割増しとお考え下さい。 

洗い張り・別生地染め・新しい胴裏・仕立てで 77,000円 税込

 

 

紬のきもののお仕立て直し

きれいに見えても、しみ・汚れ・変色があります。しみ抜き・洗い張り後、変色直しで対処します。

本草木染なので色の修正にも時間をかけて慎重に行いました。

 

 

時間をかけキレイにし、修復する作業を終え仕立て直しました。八掛は裾切れしていたので新しいものを使用、胴裏は洗い張りして再利用しました。

 

洗い張り・しみ抜き・変色直し・新しい八掛・仕立てで 49,500円 税込

 

 留袖の比翼地の付け替え

 

30年前の留袖の比翼地が黄ばんでしまいました。留袖の柄の部分にも黄変があります。比翼をはずし、留袖はプレミアム極上丸洗いにプラス黄変直し、比翼は漂白したあと再利用することにしました。

 

 

留袖も裏地もきれいになりました。比翼の黄ばみも白くなり、留袖に縫い付けて完成です。

プレミアム極上丸洗い・変色直し・比翼漂白・比翼付けで 30,800円 税込

 

鈴 木 京 染 店

 

郵便番号  999-2232 

住  所 山形県南陽市三間通170

電  話 ☎0238‐40‐2101

営業時間 9:00~18:00

駐車場  6台

定休日  不定休

近隣駅  JR赤湯駅から徒歩8分

バス停  桜木町バス停徒歩1分